上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母と同じ目的
セフィロス「クラウド…今日で私とお前が切っても切れぬ
      因縁の相手となって20年の節目となった。
      こんなにも長い付き合いになるとは思ってもみなかったが
      とても感慨深いものだな…これからもよろしく頼むぞ宿敵よ」

暗雲が晴れる

クラウド「いや…思い出の中で、じっとしていてくれ。

... 続きを読む
スポンサーサイト
あっという間に明けましたね2017年!
今年は、もののけ姫とFF7の20周年の節目なので
今からwktkです。

末吉を引いてしまったけど萌えに充実した
1年になりますよーに♪

今年も宜しくお願い致します☆

竹馬に乗る鷹鞍
何の障害もなく無事に竹馬置き場に辿り着いた沙羅達は唯一
倒れなかった河音の竹馬に誰かが乗るべきと判断し
見事その発言をした鷹鞍に白羽の矢が立ちました。

勝手に動く竹馬
恐る恐る鷹鞍が竹馬に乗ると勝手に動き出します。
コックリさんの要領で人の身体を借り目的地へと誘っているようです。
霊は自分だけでは大きな力は持てない為に
こうして人の力を借りて物理現象を起こすようです。
竹馬に導かれながら沙羅達は目的地を目指します。

図書室を目指す龍崎達
一方、龍崎達は図書室を目指します。
図書室の場所までは教えてくれない妹のツンデレっぷり
何か思う事はあるのだろうか竜崎氏(笑)…教授の持つ学校の地図を
手掛かりに向かいますが―――

怨霊達

行く手を阻む様に登場する怨霊達!
なぜ着物姿の人までいるんだろうとか今更ながらに思いますが
山から下りてきた霊なのか零だから和風アピールしているのか…。
襲いかかる悪霊に龍崎がカメラでフラッシュを浴びせるも刃沢の足に
縋り付いてくる怨霊しかし何故か怯えだします。

霊が怯える図書カード

怨霊の怯む理由は刃沢が持つ図書カードでした!

印籠化する図書カード
理由は分かりませんが図書カードをかざすと怨霊は後ずさる姿に
調子に乗った刃沢姐さんは印籠宜しくグイグイ進みます。
御神水を双子に渡された時もそうでしたが調子に乗りやすいのが玉にキズですね。

... 続きを読む
邪霊師の危険性
前回から更新が長らく途絶えたので、てっきり最終巻分は全てウェブ公開
しない
のかと思われた『影巫女』ですが何事も無かったかのように
53話目が公開されました(笑)ページ数も特に増えてませんし
毎週更新のためのストック期間だったと信じたいところですね。

杞憂する教授
邪霊師の正体を見破らない限り脱出は不可能だと悟った龍崎達は
とにかく河音が教えてくれた、もう一つの缶箱を開ける事に。
少々教授が渋っていますが…

河音「おk」
河音が“大丈夫”だと言っていると龍崎は言います。
その足元でOKと手でサインする河音…コレってシュールすぎませんか。
言ってないよね?ジェスチャー雑じゃない?

図書台帳
気を取り直し缶箱を開けてみると中から出てきたのは
とても古い図書台帳でした。
今でいう図書室で本を借りる時に使う図書カードだ
おそらく戦前のものだと推理する龍崎。

アレ?ハコヤナギの時代もこんな感じでしたけど。
でも個人カードじゃなくて本の後ろに、こんな感じのカードが差し込まれていて
不特定多数の生徒名が書かれてたかもしれません。

いかんせん図書室の本なんて滅多に読んでなかったので断言できませんけど☆
専ら本屋で買った漫画ばっか読んでましたし…
ああ、だから私は語彙力が乏しいのか。

箱の中に入っていた海島すずめさんの台帳には
【奇術師と少年】というタイトルの本のみ返却していませんでした。
それが意味する事が何なのか…龍崎が河音に尋ねようとすると
もう河音は居ませんでした。

意外に兄にはドライだな河音ちゃん(笑)

河音は小学校に居るのは間違いない為、龍崎達は
台帳が意味する真実を探る為に図書室を目指します。

まだ追われる2人
一方でヒントどころか美術室にすら辿り着けていない
紅湖と布袋…双子と具流出来たものの逃げ切れたと思っていた
2人から、まだ追われています。

落ちる2人
再び分かれ道となり布袋にどちらに行くか聞かれた紅湖は咄嗟に右側を
選びますが…双子の片割れが結界からはずれてしまうと制止します!
…が、一足遅く床が抜けて転落して行ってしまいました。
紅湖的には計画通りでしょうか(笑)

... 続きを読む
全ての始まり
深紅の首が“ありえない”構造になってますが当時の私が
精一杯に描いた絵なので供養の意味も込めて零15周年にUPしました(笑)

当時、友人から無印の内容を聞いて呪怨みたいな一軒家で
兄が行方不明になるのかと思いきや大きなお屋敷でした…
コレは霊的な力関係なしに迷子になるレベルだと思うの(真顔)

15周年に新作を望んでいましたが叶いませんでしたね…。

これからも零ファンとして、ずっと待ってる。

もう来年の3月には新しい据置を発売するらしい任●堂ですが
Wiiの時だって、そろそろWiiUに切り替わるってタイミングで滑り込みで
紅い蝶リメイクを出したんだから、また最後の滑り込みでWiiUで
新作あるいは無印リメイク出して欲しかったですねぇ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。