FC2ブログ

道神の杜~ミチガミのモリ~

マイナージャンル萌え奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

【影巫女】ホラーでしょうか?いいえ、ギャグです。

全力疾走
記事をアップしようと思っていたのですが遅くなりました(笑)
さて、孤立しそうになった布袋に救いの手を伸ばした紅湖ですが
その先で怨霊の魔の手が忍び寄り絶体絶命のピンチとなり
布袋が下した決断は紅湖を見捨てる事でした。

見捨てた後悔
一心不乱に逃げ己が助かった事に安堵する布袋は
同時に紅湖を見捨ててしまった後悔に襲われます…。
そんな罪悪感を持たせる事さえ紅湖の計画通りなんですよ!

死んだはずの友人達
紅湖を見捨てて逃げた現実、友人が死んだ現実。
全てが夢であったなら、どんなに良いだろう―――
そうこうしている内に苦悩する布袋の頭上から懐かしい
声が聞こえてきたのです。
顔をあげれば目の前には宇賀神と三貴の姿が!!

怯える布袋
死んだはずの2人が目の前に居る状況に顔を引きつらせる布袋。
そりゃあね、目の前で死んでいる所を実際に見ているワケですから
どう考えても罠だと誰でも思ってしまいますよね(笑)

呆れる友人達
しかし、そんな布袋に“悪い夢を見ていたんだろう”と告げる2人。
あのような悲惨な結末を辿ったとは思えない程に生き生きと
そして自分の良く知る2人の姿と態度に戸惑うばかりの布袋でしたが…

帰ろうぜ!
『帰ろうぜ!』と言う宇賀神を目の前に布袋は
もう現実なのか夢なのか分からなくなってしまいます。
実際にこうして再会した友人達…今までの怨霊に襲われ恐怖に
追われる非現実な光景の方が夢だと思うのが当然でしょう。


不穏な友人達
布袋は『2人が生きている状況が現実』だと結論付けます。
と、言うよりどっちでもいいかと考える事をやめました…
旅館に帰るべく足を進める3人…しかし布袋の後ろに立つ
宇賀神と三貴の様子は明らかにおかしいです。

布袋の後ろには…
今までの奇怪な≪ありえない≫体験を喜々と2人に語る布袋。
ホラー映画も顔負けの出来事だったと笑って話す布袋の後ろで
襲う気満々の友人達(笑)

誤魔化す友人達
布袋!後ろ~!!と叫びたくなりますが振り向くと
明らかに誤魔化す友人達。
この展開が、もう1回続きます。
どこのギャグ漫画だよ!!

目の前にある現実
しかし2人が驚かそうと思っているんだとナナメ上に推理した
布袋は子供じみたイタズラを仕掛けようとしている(と勘違いして)に
バレバレなんだよ!と振り向くと、そこには―――

襲い来る友人達
無残な怨霊の姿になった宇賀神と三貴の姿が!!
やはり2人が死んだ状況が現実であったと思い知らされた布袋は
一心不乱に逃げようとするも容赦なく行く手を阻む2人。

再びの後悔
逃げ場のない絶望、助けを求めたい状況。
そうなって改めて同じ状況に陥っていた紅湖を見捨てた
己の残酷な行動を省みる
布袋…

不穏な紅子
そんな彼の耳に届く『見つ…けた…』との言葉。
振り向けば、そこには見捨てた紅子の姿がありました!

何やら不穏な雰囲気の紅子。
まさか怨霊と成り果てたのか、はたまた
邪霊師の私を見捨てるとは良い度胸ね?
本性を晒すのでしょうか!?
そろそろそんな展開になっても良いと思います!(願望)


スポンサーサイト
別窓 | 零シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【映画】10月29日に10年後の弥海砂が拝めます! | ホーム | ヴァルキリーの新作発表が来ましたが…>>

この記事のコメント

お疲れ様ですこんにちは。

そう言えば、初期の頃にはホラー漫画に似つかわしくないユル~いギャグが散りばめられていたのを思い出しましたね、懐かしいです。個人的には『ホラー漫画』と言えどもホラー一辺倒にならず、変わらずユル~いギャグを所々にブッ込んで欲しかったものですが……全く異なる雰囲気のシーンを両立するというのは極僅かな漫画家サンでしか出来ない芸当のようですし、仕方がないですよね。なにせ【影巫女】描いているのはそもそも漫画家じゃなくイラストレーターの人(笑)。――ってゆーか、速攻で死ななかったばかりか布袋のドアップ連続だなんて、ドコに需要があるのッ!?

そしていよいよ、他の人目が無いのを良いことに邪霊師もとい紅湖が本性を現すッ!(笑)
2016-04-17 Sun 13:28 | URL | 月華 #sSHoJftA [内容変更]
月華様いらっしゃいませ~
コメントありがとうございます♪

ホラーにギャグ要素を入れてギャップから怖さをアップさせる
手法と言うのは…やっぱり基準がぬ~べ~になっちゃいますね(笑)

影巫女、早く打ち切りにならないかと願っていましたが
思えば原作者がマンガボックスの創設者なので
打ち切られる事は有り得ないと言う現実にガッカリしてます…

せっかく零ファン以外の人が触れる機会を得るメディアミクスで
漫画という入りやすい媒体でイラストレーターに漫画を描かせると言う
暴挙に出た事も、また畑違いと分かっていながら仕事を断らなかった
作画にも憤りを思えます…流行り神スレでも絵が気持ち悪いって
叩かれているような人ですしね…布教に失敗した今
ファンへの誠意は早く連載を終わらせる事ですよ!

しかも布袋のドアップ祭り…初登場時より明らかに老けた顔だし。

もう紅子が本性を現し布袋を襲う→家庭科室を目指していた
沙羅達が現場を目撃→動揺しつつも紅子と対峙する沙羅
→絶体絶命のピンチに河音の助けを得て撃破!→河音成仏&大団円

こんな流れで年内に終了させてほしいですね。
零15周年過ぎてまで続けるメリットは皆無ですし…。

2016-04-18 Mon 08:01 | URL | ハコヤナギ #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。