道神の杜~ミチガミのモリ~

マイナージャンル萌え奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

【影巫女】なんだかペースアップしてきたかもな謎かけ

完結が見えてきたらガゼン読む気になりました影巫女(笑)

追いつかれた2人
さて前回、宇賀神と三貴に追われた紅湖と布袋
紅湖のミス判断で行き止まりに足止めを喰らい遂に追い込まれます!
やってくれたな紅湖ーっ!!

恐怖の上目使い
三貴にガッチリとシャツを掴まれてしまっている布袋は
それでも抵抗を見せます。
それに対し動かないでと上目使いで訴える三貴…
こんなにも可愛くない上目使いなんてされたくない件(笑)
こんな怖い上目使い見たことない☆

腐りゆく友人
紅湖に方にも宇賀神が迫り絶対絶命になる2人は
流石に諦めかけます。
布袋に掴まっている三貴は次第に腐りだし
“友達なのに何故逃げるのか”“自分だけ助かるな”
“いっ しょ に 死んでよぉ”と布袋に語りかけます。

鵙と鶫
もうダメだ!!そう思った2人の耳に届く鈴の音。
すると天井から現れる双子―――鵙と鶫だっけ?
いつの間にか居なくなっていた子達が助けに来てくれました!

水の加護
双子が宇賀神と三貴に御神水を掛けると2人は苦しみだします。
その隙に逃げるよう言う双子たち…その場しのぎにしかならないそうです。

泣く女
堰を切ったように叫びだしながら逃走する布袋と紅湖。
その背中を呻きながら寂しげに見つめる三貴―――
彼女は最後まで縋り付いてきそうですね…で、布袋もここに残る!とか
真冬兄さん並みな戯言(笑)を言い出しそうです。

または助かる寸での所で三貴に引きずり込まれそう。

金次郎像へ
一方その頃。
道中が全く語られないまま二宮金次郎像に無事に辿り着いていた
龍崎一行
…このメンバーが怨霊に襲われても騒ぐのは教授だけだしね、
仕方ないね(笑)ほかの2人は、きっとクールだわ、間違いなく。
拳で払い退けれそうだもの。

二宮金次郎像を前に仕掛けがあるのか迷う3人。
とりあえず周辺を掘ってみる事にしました。
片っ端から掘るという龍崎の言葉に異議を唱える時間も無く
掘り出すと割とアッサリと教授が何かを掘り当てます!

流石に巻に掛かってくると展開がスピーディーですね☆

ドロップ缶

教授が掘り当てたのは古いドロップ缶でした。
決して節子のドロップやないで!
子供が昔に埋めたタイムカプセルではないかと言う刃沢に
異議を唱える龍崎。

そんな昔の物なら、もっと錆びきっているハズだと言います。
まだ埋められてからそんなに経っていないと推理した彼の言葉に
遂に謎解きのヒントが入っていると確信し緊張が走ります。

中身は…

けれど肝心の中身が出て来ません。
何も入っていない…いや、何かが引っかかっている?
焦った教授が缶を何度か振ると―――

謎解きのヒント
中から出てきたのは沙羅たち家庭科室組で見つけたのと
同じような数字の入った紙と残り2枚の紙でした。

コレそれぞれで謎解きするんだよね?
まさか沙羅のと合わせないとダメとか言わないよね?

ここまでで謎解きの道具すら発見していない
むしろ美術室にすら辿り着けていない布袋と紅湖は大丈夫でしょうか(笑)
そもそも金次郎像が正解だったと思われるこの状況で美術室に
無事に辿り着けても謎解きの何かがある確証は全くないわけですし。

それぞれが謎解きに成功した時にようやく邪結界が解けますが…
沙羅のお風呂場で撮れた写真とかの謎解きはスルーしてしまって
良いのでしょうか?…特にもう使う気無いのかな、あの伏線。

スポンサーサイト
別窓 | 零シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<零 ~眞紅の蝶~DL版が8月3日に配信されてた | ホーム | 【影巫女】6巻を購入です。 >>

この記事のコメント

お疲れ様ですこんにちは。

遂に『次巻で最終巻』というゴールが示されたことで、まるで無間地獄に天上からの光が射し込んだかのように俄然読む気が出てきましたね【影巫女】!漫画の最終回とは本来惜しむべきはずなのに……この『嬉しい』の一語に尽きる感情はなんでしょうか(笑)。

ともあれ今回の目玉はいつの間にか居なくなって、いつの間にか可愛くなっちゃっていた鵙&鶫の再登場ですね。しかしお婆ちゃんといい双子といい、どうして天井から人外的な登場をするのでしょうか……ハッ、もしかして“この村は既に滅んでいてお婆ちゃんたちは皆幽霊”だとか!?(笑)

――いよいよ次巻で最終巻。長かったようで短かったようでやっぱり長過ぎた【影巫女】はどのようなラストを迎えるのでしょうか。個人的に、6巻末の『邪霊師の正体に肉薄!』という“対決”とは少し違う意味深な表現に一抹の不安が拭えません。まさか邪霊師の正体が紅……判明した所で『第1部・完』になっちゃったりして……。
2016-08-29 Mon 18:38 | URL | 月華 #sSHoJftA [内容変更]
月華様いらっしゃいませ~
コメントありがとうございます♪

パソコンが不調で、いつも以上に放置してしまい申し訳ございません…。

本当に最終巻だと知ってこんなに嬉しかった漫画はありません。
遂に最終巻となりますが…謎解きも快調さがイマイチで
一体どこにクライマックスがあったのかも良く分かりませんでしたが
とにもかくにも紅…もとい邪霊師の正体が明かされますね!

いつの間にやら鵙&鶫がはぐれていた事実の方に驚いたものの
とくに気にもならず(笑)
天井から登場するのがマナーだったら嫌ですね←
実は皆死んでました~っていうのもホラーらしくて良いですよね!!

なんだか邪霊師を突き止めても誰が邪霊師であれ本人に悪意が無く
穢山から溢れてきた邪気にあたって潜在的に持っていた霊感も相まって
操られてこんな大惨事起こしちゃいましたテヘペロッ☆
≫って
オチになりそうですよね、紅湖じゃなかった、邪霊師。
2016-09-10 Sat 19:43 | URL | ハコヤナギ #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。