道神の杜~ミチガミのモリ~

マイナージャンル萌え奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

【影巫女】龍崎「河音は俺の妹だ」←知ってた。

意味のあるヒント
ようやく家庭科室に辿り着き新たな謎解きに挑む沙羅一行。
そこへ河音による『ちゃつぼ』と『ばけうまおきた』の文字に
何か意味があるはずだと確信を持ちます。

ちゃつぼ
そこで再び『ちゃつぼ』の遊びを繰り返して見る雨沼。
“ちゃつぼにゃフタがない”“底を取ってフタにしよ”
黒板の文字との共通点に悩む一行ですが―――

閃く鷹鞍
鷹鞍が何かを閃き突然顔を斜めに黒板を見始めます!
あっけに取られた2人を前に鷹鞍は呟きます。

鷹鞍の謎解き

鷹鞍「たとえばさ…最後の一文字を底だとしたら…?

底を取ってフタにするにはフタを取って底にしないと
水が漏れてしまう…かつて沙羅が河音に言った言葉を元に
鷹鞍が導き出した答えは
『ばけうまおきた』のフタと底を入れ替える事でした。

フタと底
すると出た答えは
竹馬置き場

いつもとは比べものにならない速さの謎解きです。

トントン拍子

更に珍しく竹馬置き場が体育館の側にある体育倉庫であると
ハッキリと覚えている沙羅!!
不自然すぎる親切さで家庭科室に貼られている地図!
物凄くテンポが速い(笑)

新たなる謎
一方その頃の龍崎一行はドロップ缶から出てきた3枚の写真に
悩んでいましたが…

警戒心
雨も降っていないのに水の音が聞こえた事に警戒心MAXです。
振り向くと、そこには不自然な水たまり!
更にその自ら手が出てきたことに慌てる一行。

フラッシュ
フラッシュで怯ませようとするも全く効果の無い反応に
悪霊では無いと判断する龍崎。
更に紡がれた言葉は―――

お前なのか

龍崎「河音…お前なのか?」

それに対し応える手に思わず泣きそうな表情になる龍崎に
驚く教授…そして

龍崎の告白

龍崎「河音は俺の妹だ

うん、知ってた。…じゃなかった

な、なんだってーっ!?

…まぁ沙羅の回想の時に出てきた河音の兄まんま龍崎でしたもんね(笑)
大丈夫ほとんどの読者はベタすぎる展開で驚いていませんよ

探していた妹
龍崎は河音の失踪後ずっと探していたのです。
そして鴉澤小学校に行き着いたと。
え、でも行き着くも何も思いっきり小学校のプールで行方不明になった
事なんて普通は身内に学校側から伝えてくれるもんじゃないの?

龍崎は沙羅との接触で念写の力を開花させたようですがコレ見てる限り
当の本人がその才能に気付いてない感じがしますね…。

二つ目
妹との再会に喜ぶ間もなく河音は手で新たなヒントを示します。
その指の刺す先は先程ドロップ缶を掘り出した二宮金次郎像!
もう辿り着いたと伝える龍崎に彼女は
もう一つ埋まっている事を示します!!

そうして掘ってみるとドロップ缶が埋まっていた更に下の層に
もう一つの謎解きのヒントが埋まっていました。

一つ見つければ、もう掘らないという人間の心理を見越した
狡猾な謎かけだと邪霊師は只者ではないと紅湖が龍崎に誉められました←

不可能
改めて邪霊師の存在に戦慄する一同。
少しでも油断し気を緩めれば邪霊師の餌食となってしまいます。
邪霊師が自分達を鴉澤小学校から出すつもりがない事を確信した今
謎を解き邪霊師の正体を見破らなければ脱出する事は不可能だと断言します。

今回やっぱり龍崎が河音の兄であったという事実に
予想通り過ぎて驚くことも無いまま終わりましたね(笑)
なんだかここに来た人間達が穢山と関係のある縁者であった事も
何となくですが深く掘り下げられなそうな気がします。

スポンサーサイト
別窓 | 零シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<なんだか切ない夢を見た | ホーム | 久々にオタクの聖地に行ったら嫁が両手を広げて>>

この記事のコメント

お疲れ様ですこんにちは。

『次巻で遂に最終巻』ということで、今までのスローペースが嘘だったようなハイペースで進み出しましたね【影巫女】!とっくの昔に読者全員が気付いていたと思われる“龍崎が河音の兄”という衝撃の事実も遂に飛び出し……って、アレ?私の予想ではもっとクライマックスで雰囲気を出して、そして何より沙羅の前でカミングアウトすると思っていたのですが……何でしょうかこのサラッと感……。もう完全に“打ち切り臭”しか感じられません(汗)。

まさかこんな感じで紅……じゃない邪霊師の正体もサラッと暴かれちゃったらどうしましょう(困惑)。
2016-09-17 Sat 20:26 | URL | 月華 #sSHoJftA [内容変更]
月華様いらっしゃいませ~
コメントありがとうございます♪

何故もっと早くからこれくらいのペースで進まなかったのでしょう。
こんな2年もズルズルと続ける必要性は…ハッ!まさか最終回の時に
零新作の発表有りっていうドラマ版デスノートが映画宣伝だった時のような
番宣用マンガでしたってオチに持っていくつもりなのでしょうか!?←多分違う

沙羅のいない所でカミングアウトした龍崎の流れはインパクト薄いですよね(笑)
なんか教授辺りが後で合流した際にサラッと彼女に言っちゃいそうな感じ…。
まさか沙羅が脱出する瞬間に龍崎が兄だと気付き河音をすぐに助けなかった事を
詫びようとするも目の前で龍崎が死んでしまうみたいな展開になったら
かなり後味悪いのでやめてほしいですねぇ。

このままじゃ紅湖…じゃない邪霊師の正体が明かされる時もインパクトが
薄そうで連載終了時に一体クライマックスって何処だったの?って
今から首をひねってしまいそうな予感がします。

2016-09-19 Mon 10:46 | URL | ハコヤナギ #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。