FC2ブログ

道神の杜~ミチガミのモリ~

マイナージャンル萌え奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

こうして夕莉の抱負は現実になりましたとさ☆

遠ざかる背中
―――お願い行かないで。
かつて母に言いたくても言えなかった言葉。
それは≪同じ境遇≫の夕莉に発した言葉でもあった…
友達になりたい。
…それは深羽も抱いている確かな気持ちだった。

母の行方を求める娘
そんな、ある日のこと多忙な仕事が続き深羽が寝込んでしまった、と
母親の深紅より連絡が入った夕莉は蓮に車を出してもらい
すぐに彼女の家へと向かった。

深羽を見守る2人
蓮「過労らしい…まぁ売れっ子らしいからな。」

夕莉「雛咲さん何だか以前より痩せてしまった気がします…」

2人に見つめられながら起きる気配の無い深羽。
心なしか青白い顔が、より一層2人の不安を駆り立てるのだった。

連絡がつかない
蓮「こうしていても仕方ない…とりあえずは無事なようだし俺は帰る。」

夕莉「…私は残ります!何をしてあげられるわけでは無いけれど
   今は雛咲さんの側に居てあげたい。

蓮「そうか…帰る時に電話をくれ。迎えに来る」

夕莉「ありがとうございます」

深紅に残ることを快く承諾してもらった夕莉は蓮を見送った後
ずっと深羽の側に居て看病を続けた…深羽が額に汗をかいている事に気付き
タオルを借りようと席を立ち上がろうとすると手を握られた。

離されない手
深羽「…行かないで」

夕莉「…っ雛咲さん具合は大丈夫ですか!?」

心を読める深羽には夕莉が本気で心配してくれているのが分かる。
母以外から向けられる優しさに深羽は心が温まるのを感じるのだった。

非難の目
深羽「大丈夫…だから、このまま側に居て
   お願い――――夕莉

戸惑う夕莉
夕莉「…もちろん側に居ますよ
   雛先さ…いいえ深羽さん!!

深羽で良いわよ、と呆れた様に言いながらも嬉しそうに笑う深羽。
雛咲さんと友達になりたい”と願った夕莉の抱負は遂に果たされた。



無理矢理!!
しかも“ちょっと良い話っぽく”仕上げてみました
夕莉と深羽の友情物語は遂に完結です(笑)

きっと皆が無事に生還したED後は母と共に足繁く黒澤喫茶に通い
夕莉と交流を深める
と勝手に妄想していますがハコヤナギ流に
2人の交流を深めようとしたら思った以上に面倒な事になってしまい
紆余曲折を経てようやくシリーズまとまりました。

ハコヤナギからの皆様へのささやかな
クリスマスプレゼントです☆

…え、いらない?

スポンサーサイト
別窓 | 零シリーズ | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【強靭な】射影機を扱うに相応しい者とは…?【精神力】 | ホーム | 【FF7】ディスクの分割までリメイクするとか…【分作】>>

この記事のコメント

こんばんは。

以前に突然コメントを残したKINAおばちゃまです(*^^*)

ハコヤナギ様のブログで知った零の世界。
零、と言うゲームは知ってはいましたが、ホラーをプレイする事が苦手でして…(;・ω・)
ハコヤナギ様のブログきっかけで零の世界を知る事が出来ました!

それからと言うもの、零シリーズのストーリーを検索したり、昨今は沢山のプレーヤーの方がアップして下さっているプレイ動画なる物があるのでプレイが苦手な私でも世界観をより理解する事が出来ました。

またもや今更なコメントですが、ハコヤナギ様の濡鴉の巫女のプレイ日記も毎日追っていました(*´ω`*)

なので、この二人のハコヤナギ様的ストーリーが気になっていたので…
嬉しいです(*^^*)

おばちゃまにはX'masプレゼントなんかあるわけない現実なので、
有り難くプレゼント頂きますね( 〃▽〃)







2015-12-26 Sat 02:05 | URL | KINA #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。